2017・08
<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/27 (Tue) リフレッシュinKoria ~3日目♡
前日の夜に行ったパックがよかったのかな?
朝起きたら、お肌プルプルだった3日目
もう今日が帰国かと思うと、本当に名残惜しい

昨日とはうってかわって、
少し早起きをして早めに街に出る
結局3日間、お天気には本当に恵まれた
昨日よりも少し冷たい外気に触れて
気持ちがシャキっとする

韓国は女友達と来るのがいいなぁ、
と今回改めてそう思った
大きな目玉となる観光地がある、というよりは
お買い物したり、美味しいごはんをいただいたり、
エステにあかすり、
日本人観光客向けのところにしか
行かないからかしら、
女の子同士でキャッキャするには
もってこいの場所ばかり

・・・というか、
旅行という行為自体、
きっと同性で行った方が楽しめることなのだと
思ったり

かれと行くあちこちももちろん
楽しいのだけれど、
温泉にしたって、何かを見るにしても
男の人と、女の人の旅行に求めるものって
ちょっと違う気がするのね

かれと行くのは、目的地に着くまでが
圧倒的に楽しい
目的地でしたいことをするのは
女友達との方が、遠慮がない


というわけで、女の欲望の園
「ロッテ免税店」でまりも
さっそく購入いたしました

BOTTEGA VENETAの名刺ケース↓↓

上品、知的な、ビターブラウン


4月からは、ようやく名刺を持つ
お仕事になる予定
入社の時に会社からいただいたものでは
何となくもの足りなくて
購入を決意した、名刺ケース

さんざん色で迷って
(07S/Sのベビーピンクがほしかったの><)
お財布との色のコーディネートで決めました

お財布とのツーショット*


お財布がゴールドに近い、
渋ハデなシルバーだから
好みの色だったキャメルよりは
ビターチョコブラウンのこっちの方が
相性がよいように思われたの*

ちょっとは仕事が出来そうに見えるかしら?
(何でも見た目から入りたがる、悪いクセ!)


スポンサーサイト

2007/02/24 (Sat) リフレッシュinKoria ~2日目♡
前夜に調子にのって、
飲み過ぎてしまいました。。。

というわけで、せっかくの旅行なのに
起床は少し遅め;;;
ちょっと重たい瞼のまりとゆり


2日目は主にソウル市街をあちこち
歩き回ろうというプランで出かける
まずはスタバ(韓国もあちこちに!)で
腹ごしらえをしました*

ハングルが並ぶスタバなんて!


ロッテホテルを横目に明洞へ
休日、人で賑わう明洞でまず目指すは
「本粥(ボンジュ)」
おかゆのお店で韓国のおかゆが食べたい!
食欲を動力に歩く二人

医食同源、という言葉があるけれど
韓国料理はまさにそれを体現すると
まりは思います
バランスよくタンパク質も炭水化物も
もちろんビタミンもとれそうな
メニューが目の前に並んで・・・
それにキムチは美肌にもいいみたい
韓国の女の子もマダムもみーんなお肌が
ツルツルなのでした
バランスのよい食事は美容のキホン、なのですね


お腹が満たされたら、今度は歩こう!
ということで、
明洞近辺・南大門・ソウル駅前・狎鴎亭など
とりあえずうろうろしました

南大門は以前もきたことがあるけれど・・・
初めて近くまで行って、写真に納めました

全部写らなかった・・


地元の人に撮っていただいたのだけれど
その後怪しげに誘われ必要以上に警戒・・
色んな人がいるもんです
うっかり信じてしまうと、せっかくの
楽しい旅が台無しになりかねないからね
でも、基本的に地元の人の話を聞くのは
すきなのです

狎鴎亭のロデオ通りにたどり着くのに
地下鉄を乗り継いで、
それから迷子になった><
寒いし、疲れもやっぱりあって
次第に無言になる二人・・・
お腹がすいて寒いのは、無条件に人を
不幸な気分にさせるものです
スタバ(ここでも;笑)のお姉さんに助けてもらった!

ロデオ通りは近代的な若者の街
先ほどの南大門とは雰囲気が全く異なっていて
同じ韓国とは思えません
日本で言うなら、表参道みたいな?青山?
ハングルよりもアルファベットが並んでいて
おしゃれな海外資本のカフェがあちこちにあって
日本人のまり達には馴染みやすい・・・
でも韓国らしさ、はちょっと薄れてしまっている
残念な感じもしつつ
日本にしても、韓国にしても、
「アジアらしさ」徐々に薄れてきているのかも
しれません

ハングルとアルファベット


今日の収穫・・・
banila co.」というコスメショップで
(明洞の中心部にあります)
きれいなグリーンのアイカラーを
購入いたしました

春はグリーンに注目★


練り状のアイカラーって
思っている色と発色が違うこと
多々ありますが
このアイカラーはこの見た通りの
色が瞼にのります
ゆりちゃんはピンクを購入していたよ

春はマキアージュやRMKでも
きれいなグリーンが出ていて
ちょっとチャレンジしてみたかった色
お手頃な値段だったので
チャレンジしやすいです

それからそれからTHE FACE SHOPで
シートパック(なんと¥100程度!)も
購入して、夜にホテルで
二人してパックしたのでした

こ、怖い写真・・・笑


ちょっと・・・この写真は・・笑
まるで「犬神家」の"すけきよ"状態ね;;;

ホテルでチープにラグジュアリー気分も
味わえ、満足!満足!な2日目でした


2007/02/23 (Fri) リフレッシュinKoria ~1日目♡
日頃の心のアカを落とすには、
旅が一番だと思います*

会社の同期、仲良しのゆりちゃんと
2泊3日で韓国へ
二人とも今はシフト勤務だから
なかなか都合が合わなくて・・・;;;
結局ドタバタで決まったこの旅行、
それでも出発の日を無事迎えることが
できました!

9:25発のJAL便で一路韓国へ

韓国は2年ぶり
お天気にも恵まれてすっごくいい気持ち
空港についた瞬間に
日常を忘れて、お仕事のことも忘れて、
(この切り替えがまりのいいところ)
ぶわーーーーっと解放感がこみあげてくる
うん、この感じ 悪くない

ホテルはソウル中心部
貧乏旅行だから(OLなのに・・・笑)
ランクの高いところではないけれど
こぎれいでサービスも行き届いていて満足

旧正月だったため、お店はあんまり
あいていなかったけれど
人は大勢歩いていた
言葉や文字ははわからないけれど、
流れている空気はお正月ムード

韓国の若者たちは、
家族でお料理を食べたり、挨拶回りをしたり
家族でゆっくりお正月を過ごすそう
その後はもらったお年玉(?)で映画を
観に行く人が多いのだとか
確かに、映画館はどこも行列だったな
日本ではお正月から働いている人も多いし、
家族とゆっくり、って人
最近なかなか聞かないよね
まりは今回のお正月、初めて家族と離れての
お正月だったので、
韓国のお正月がちょっと羨ましかった
家族を大切にするお国柄、共感です

懐かしい


夜は早めにサムギョプサル(豚バラ焼き肉??)
キムチがおいしい!ナムルもおいしい!
辛いもの好きにはたまらないメニュー
お腹パンパンになるまで食べました
普段じゃ「太る・・・」とか
気にしてしまうところだけれど、
せっかくの韓国 ま、いっか

韓国といえば、チマチョゴリにあかすり!
前回もあかすりや汗蒸幕は体験したけれど
未体験だったチマチョゴリ
今度は絶対着ようと思ったの

念願!


チマチョゴリは、
日本でいうところの着物
有名な民族なのでご存じの方も多いはず
日本における着物よりもずっとずっと
日常に馴染んでいて
旧正月も手伝って
大人から小さな子までみんなが着ていた
日本では最近、お正月でも
あまり見かけないものね
伝統を大切にする心、見習いたいな

夜はお部屋でゆっくり宴
真露のグラスを傾けながら
仕事、恋愛、色んなことをじーっくり
語り合いました

明日はどこへ行こうかな
日常からの脱出、旅行は本当に
リフレッシュできて大好きです
 

2007/02/14 (Wed) ぽたり、ぽたり、
1月に実家のある函館へ帰省してきました

年末年始を一緒に過ごせなかった家族への
罪滅ぼし、のつもりが
どうやらまりは
相当なホームシックにかかっていたようで
誰のためって、自分のためのようでした


例年になく暖かい暖冬の函館
路面にほとんど雪はなく
着込んでいったセーターもいらなかったかな
なんて
それ位に、3月くらいの暖かさでした

今回のおみやはFORMA帝塚山のチーズケーキ
(おいしくて有名だよね!)

チーズケーキらぶ★


しっとりとした食感、とか
こっくりと濃厚なチーズの香り、とか
チーズケーキ好きにはたまらない表現がま・さ・に!
ぴったりと当てはまるフォルマさんのチーズケーキ
ここのチョコレートとのコントラストがきれいな
マーブルのんが一番好きなのだけれど、
おみやは日持ちも考えてベーシックな
カール スルーエにいたしました*

おやつの時間


さて、いただきましょう


実家には2泊3日で帰省していたのだけれど
実に濃ゆい3日間が過ごせました

まり家には独特の時間が流れている、というか
本当にゆーったりとしていて
いつもはせかせかと仕事に追われ
どことなく生き急いでいるような気がして
仕方のなかったこの頃のまりの
腕にはめた時計とは針の進み方が違って

砂時計はさらさらと、
音をたてて落ちていくけれど
まりの家の中では
ぽとり、ぽとりと
じっくりコーヒーを淹れるときみたいな
時間の流れ方をしていて
本当に落ち着きました

日頃心に溜まった垢が
するりと落ちていくような3日間

妹とキャッキャとはしゃいだり、
最近ヨガを習い始めた母にヨガのポーズを
教わってみたり、
父にかれの話をしてみたり、
家族4人で食べる夕食がこんなにもおいしいなんて
一緒に住んでいた当時は気づきもしなかった

いくらあっても足りないくらいの
家族との貴重な時間を過ごして、
帰りの飛行機の中でひたすらに
感傷的になっていました

函館はもう、まりにとっての「故郷」であって
生活の拠点は大阪にある

そのことを帰りの飛行機では
嫌が応にも感じてしまって

明日からは仕事が、日常が待っていて、

そう思うと何だかわからないけれど
泣けて仕方がなかったのです

ぽたり、ぽたり、
最近涙もろくなった気が、します
 

2006/12/20 (Wed) あの頃の自分に笑われないように
毎日が同じことの繰り返しで、
ちょっとだけ自分がいやになった時、
あなたならどうやってその現状を打破しますか


まりは、昔のことを思い出すようにしているのです


高校生の当時、
部活動をしていました。
高校の友達は、今のまりを見ると
 ずいぶんイメージが変わったね、と言います。
今、大学の友達や、会社の同期などに
高校時代の思い出話をすると
 そんな風に見えない、と言います。

今は割と色白で、おっとりとしたイメージのようですが
当時のまりは、真っ黒に日に焼けて
まるでスポーツマンのように部活に打ち込んでいました。

後にも、先にも、
あんなに純粋に、一生懸命に、
何かに取り組んだことってあれっきりだったように
ちょっと思います。


そんな部活のプチOB会があるというので
1泊2日で札幌まで足を伸ばしてきました。

札幌はもうすっかり冬になっていて、
久しぶりにあった当時の戦友たちは
すっかり大人の顔、になっていました。


 顔が変わったね、
 
 どういう風に?

 なんていうかね、締まった。
 甘い雰囲気だったけれど、それが研ぎ澄まされて
 鋭いナイフみたいになった。



みんなでワイワイと談笑をして、
おいしくお酒を飲み、思い出話に花を咲かせる。
幸せで大切なひと時になりました。
そして、少しダウンし気味だったまりの心を
元気づけるに十分すぎるほど、
濃密なひと時だった。


先に帰るために一人タクシーに乗ったまりを
みんなが囲んでくれる。

 また近いうちに

そう声をかけられて、バイバイと手を振ってもらって
手を、振り返す。


タクシーから札幌の凍るような
夜の景色を見つめているうちに
ほんのちょっとだけ、涙がでてきました。


大切だったんです、本当に。

あの3年間は、あの場所は、
まりにとって本当の居場所だった。
いつも自分の居場所を探していて、
いつも自分を受け入れてもらえる環境を求めていました。
そんなまりにとって、あそこは
一生懸命になれて、そして毎日が本当に楽しかった。
居場所、だったんだと思う。


思い出せてよかった。
自分を見失いがちだった、
ここ最近の自分をリフレッシュできた気がします。

KINOTOYA



写真はお土産に、と買った
きのとやのチーズタルト

こっくりと濃厚、でも甘さは上品で
飽きのこないおいしいお菓子
中にはブルーベリーが入っていて
甘さとすっぱさのバランスが丁度いい感じ

ぺろっと食べれてしまいます
朝ごはんにも*
 


チーズスフレも大好きなきのとや
札幌のおみやの定番です★

about mari

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

まり

Author:まり
関西在住
Birtyday:1983/1/30
Age:24

more mari ??
07/02/14 new!!




 

Latest entries

Latest comments

Latest trackback

monthly

categories

Linkiss chu*

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

music♪



ブログ内検索



zapping !!



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。